呼吸器内科

呼吸器内科は、肺や気管支、胸膜などの疾患や症状を診療する科目です。

風邪、咽頭炎、扁桃腺炎、気管支炎、肺炎などの急性の呼吸器感染症から気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)
気管支拡張症、肺結核症などの慢性呼吸器疾患の診断と治療。
じん肺・石綿肺などの職業病による慢性呼吸不全などの相談、在宅酸素療法にも応じています。

ほかには近年、増加傾向であり生活習慣病とも関連が強い睡眠時無呼吸症候群に関しても、ご相談下さい。

呼吸器専門医として正確な診断と個々の症状に対して、きめ細かい治療を提供出来るよう心がけて参ります。

次のような症状がある場合は、お早めにご相談下さい

 胸痛、動悸、息切れ
 長引く咳、気管支炎、肺炎
 気管支喘息、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)
 いびき、日中の眠気、睡眠時無呼吸症候群など